シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 積雪寒冷地における景観向上を目的とした無電柱化事業の優先度に関する考察

作成年度 2019年度
論文名 積雪寒冷地における景観向上を目的とした無電柱化事業の優先度に関する考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第35回寒地技術シンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/11/27 ~ 2019/11/29
所属研究室/機関名 著者名(英名)
地域景観チーム緒方 聡(OGATA Satoshi)
地域景観チーム岩田 圭佑(IWATA Keisuke)
地域景観チーム松田 泰明(MATSUDA Yasuaki)
抄録
北海道では雄大な自然や雪景色など他地域にない貴重な景観資源を有し、増加する来道者がレンタカーなどで移動中に景観を楽しむ機会が多い。しかしながら、電線電柱類が沿道景観を阻害している事例も少なくない。特に、近年の通信需要の拡大に伴い農村部や自然域においても通信ケーブルが増加し、それを支える為の新たな通信柱も増えている。 景観向上を目的とした無電柱化事業の優先度の考え方を示すことを目的に、景観形成を主な目的とした自治体による無電化に関する整備事例と無電柱化に関する整備事例と無電柱化推進計画を分析した。その結果をもとに、無電柱化事業で優先度を検討する際の条件について考察した。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.