シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 積雪寒冷地におけるコンクリート舗装の凍上対策について

作成年度 2019年度
論文名 積雪寒冷地におけるコンクリート舗装の凍上対策について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 地盤工学会
誌名(No./号数) 第1回交通地盤工学に関する国内シンポジウム
発表年月日 2019/09/26 ~ 2019/09/27
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地道路保全チーム上野 千草(UENO Chigusa)
室蘭工業大学大学院木幡 行宏(KOHATA Yukihiro)
寒地道路保全チーム丸山 記美雄(MARUYAMA Kimio)
抄録
 コンクリート舗装はアスファルト舗装よりも耐久性が高く、長寿命化が期待されている。一方、積雪寒冷地である北海道では、路床の凍上や融解期の支持力低下によるコンクリート舗装版の破損が懸念される。このため、それらの影響を考慮した設計を行う必要がある。本文は既設舗装の実態調査およびFEM解析により、積雪寒冷地におけるコンクリート舗装の路床の設計法を検証した結果を報告するものである。  実態調査、およびFEM 解析と疲労度を用いた評価より、凍上性材料が凍結深さ内の路床に用いられ、路床の凍上によりコンクリート舗装版下の路盤面に不陸が発生すると、舗装寿命が大幅に低下することが明らかになった。このことから、積雪寒冷地のコンクリート舗装の路床設計においては、凍結深さまで非凍上性材料で構成させることが妥当と考える。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.