シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 国道228号上ノ国町大留交差点の改良について

作成年度 2019年度
論文名 国道228号上ノ国町大留交差点の改良について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第60回土木計画学研究発表会
誌名(No./号数) 第60回土木計画学研究発表会論文集
発表年月日 2019/11/30
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地交通チーム宗広 一徳(MUNEHIRO Kazunori)
寒地交通チーム中村 直久(NAKAMURA Naohisa)
東鵬開発(株)中谷 幸生(NAKATANI Hideyuki)
上ノ国町役場濱塚 弘行(HAMATSUKA Hiroyuki)
国土交通省北海道開発局函館開発建設部江差道路事務所金子 恵造(KANEKO Keizo)
国土交通省北海道開発局江差道路事務所田名部 一馬(TANABE Kazuma)
抄録
国道228号は函館市と江差町を結ぶ幹線国道である.上ノ国町に位置する同国道大留交差点は,従来は変形四枝交差点であり,ドライバーの安全確認のしやすさの観点から課題があり,出合頭事故や追突事故が頻発していた.本経緯を踏まえ,交通事故被害軽減及び上ノ国町のまちづくりに寄与する観点から,ラウンドアバウトの導入が決定された.2018年~2019年に亘り,同大留交差点のラウンドアバウト改良工事が実施された.本稿では,積雪寒冷の条件を配慮したラウンドアバウト構造要件(舗装材料,エプロン形状,道路付属物),同工事における交差点切り回し方法,ラウンドアバウトの交通ルールに関する地域住民への周知の活動について報告する.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.