シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 レーザ誘起表面周期構造による道路構造物からの落雪防止について

作成年度 2019年度
論文名 レーザ誘起表面周期構造による道路構造物からの落雪防止について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 レーザ加工学会講演会
誌名(No./号数) 講演論文集
発表年月日 2019/12/09 ~ 2019/12/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
雪氷チーム櫻井 俊光(SAKURAI Toshimitsu)
レーザー技術総合研究所染川智弘(SOMEKAWA Toshihiro)
雪氷チーム松下 拓樹(MATSUSHITA Hiroki)
雪氷チーム高橋 丞二(TAKAHASHI Joji)
寒地道路研究グループ長松澤 勝(MATSUZAWA Masaru)
レーザー技術総合研究所井澤靖和(IZAWA Yasukazu)
抄録
積雪寒冷地の道路構造物からの落雪は,交通車両への破損や視界阻害による事故を誘発する可能性がある.道路構造物からの落雪を防ぐため,古くから落雪対策が検討され施工されているが,抜本的な解決には至っていない.そこで本研究は,レーザ誘起表面周期構造を利用した道路構造物における落雪防止について研究を開始した.道路構造物に利用される亜鉛めっき鋼板に超短パルスレーザを照射・掃引すると,亜鉛めっき表面に微細なサブミクロンの周期構造が自己形成されるだけでなく特定のフルエンスで数ミクロンのアイランド構造が形成された.曝露試験の結果,レーザ処理を施したサンプルが超親水性を示し,氷の融点近傍では未処理のサンプルよりも早く雪が昇華して消失する現象を捉えた.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.