シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 従来型落石防護柵の静的破壊挙動

作成年度 2019年度
論文名 従来型落石防護柵の静的破壊挙動
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第12回構造物の衝撃問題に関するシンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/12/09 ~ 2019/12/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地構造チーム中村 拓郎(NAKAMURA Takuro)
寒地構造チーム今野 久志(KONNO Hisashi)
室蘭工業大学小室 雅人(KOMURO Masato)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
抄録
本研究では,従来型落石防護柵の静的破壊挙動を確認することを目的に,実規模落石防護柵を供試体とした静的載荷実験を実施した.本研究で得られた知見を以下に示す.1)静的載荷実験において先行して塑性変形する部材は,落石対策便覧に示される慣用設計法において設計時に想定される部材と一致した.2)中間支柱が先行して塑性変形する場合には,ワイヤロープの破断や金網の破網は生じずに,中間支柱が弱軸方向へも塑性変形するとともに,最大荷重後の荷重は緩やかに低下した.3)ワイヤロープが先行して塑性変形することが想定される場合には,各支柱に目視下での塑性変形は認められず,ワイヤロープの破断や金網の破網をともなって荷重が急激に低下した.ただし,これらの破壊現象は,ワイヤロープの降伏強度を上限とした計算値以上の荷重が作用した際に発生している.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.