シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 トンネル先進ボーリング調査による地山評価でより有効な指標の抽出に向けた統計分析の試行

作成年度 2019年度
論文名 トンネル先進ボーリング調査による地山評価でより有効な指標の抽出に向けた統計分析の試行
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第47回岩盤力学に関するシンポジウム
誌名(No./号数) 第 47 回岩盤力学に関するシンポジウム講演集
発表年月日 2020/01/09 ~ 2020/01/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災地質チーム岡﨑 健治(OKAZAKI Kenji)
防災地質チーム倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
防災地質チーム大日向 昭彦(OBINATA Akihiko)
防災地質チーム山崎 秀策(YAMAZAKI Syusaku)
深田地質研究所亀村 勝美(KAMEMURA Katsumi)
フジタ村山 秀幸(MURAYAMA Hideyuki)
抄録
トンネル施工時の地質調査として先進ボーリング調査を実施して切羽前方の地質確認とあわせて地山等級の分類を再度行う場合がある.分類における評価指標は,弾性波速度,亀裂係数,準岩盤圧縮強度,地山強度比,RQD等であるが,指標同士で分類結果に食い違いが生じる場合がある.今回,これらの評価指標の主成分負荷量と主成分得点を主成分分析で求めた後,クラスター分析によって主成分得点をグループ化した.その結果をもとに,主成分分析では,どの評価指標が地山等級を分類する際に類似性を有しているのか,また,クラスター分析では,非階層的手法であるK平均法を使用して,どの評価指標が地山等級を分類する際に着目されているのかについて,岩種別,地山等級の違いに応じて考察した.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.