シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 先進ボーリングによる地山評価とその効果に関する考察

作成年度 2019年度
論文名 先進ボーリングによる地山評価とその効果に関する考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第29回トンネル工学研究発表会
誌名(No./号数) 第29回トンネル工学研究発表会講演集
発表年月日 2019/11/28 ~ 2019/11/29
所属研究室/機関名 著者名(英名)
深田地質研究所亀村 勝美(KAMEMURA Katsumi)
防災地質チーム倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
防災地質チーム岡﨑 健治(OKAZAKI Kenji)
防災地質チーム山崎 秀策(YAMAZAKI Syusaku)
フジタ村山 秀幸(MURAYAMA Hideyuki)
抄録
NATMの特徴は,切羽において得られる観察・計測結果を活用し地山条件に適合したトンネル構造を構築する情報化施工にある.しかし施工時に想定外の地質条件に遭遇し,支保の追加や補強,掘削工法の変更などを余儀なくされるケースは多く,結果として費用と工期の増大を招いている.NATM本来の機能を発揮させるためには,切羽における様々な情報を次の掘削に的確に反映させることが不可欠であり,切羽前方の地山に関する大量の定量的データを得ることが出来る先進ボーリングは重要な役割を果たすと考えられる.ここでは,北海道で建設された14の道路トンネルで実施された切羽からの先進ボーリングに基づく地山評価結果を分析し,その効果について検討した.その結果,先進ボーリングは有効であるものの,地山条件や施工条件によってはその効果を発揮しないケースもあることが明らかとなった.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.