シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 切羽前方地質の調査手法と地山評価における現状と課題に関する考察

作成年度 2019年度
論文名 切羽前方地質の調査手法と地山評価における現状と課題に関する考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第29回トンネル工学研究発表会
誌名(No./号数) 第29回トンネル工学研究発表会講演集
発表年月日 2019/11/28 ~ 2019/11/29
所属研究室/機関名 著者名(英名)
フジタ村山 秀幸(MURAYAMA Hideyuki)
防災地質チーム岡﨑 健治(OKAZAKI Kenji)
防災地質チーム山崎 秀策(YAMAZAKI Syusaku)
防災地質チーム倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
深田地質研究所亀村 勝美(KAMEMURA Katsumi)
抄録
筆者らは,先進ボーリングなどの施工中調査がトンネル施工時のリスク回避やコスト縮減の観点から非常に重要でありその有用性について検討を進めている.施工中の調査としては,先進ボーリングに代表される削孔調査と弾性波探査に代表される物理探査が様々に実用化され,多くのトンネルで適用されているが,得られる地山情報に差異があり調査目的等によって一長一短がある.本報告では,切羽前方地質の調査を目的として施工中に坑内から実施する調査・探査のうち削孔調査に注目し,その分類や用語を定義すると共に,具体的な各工法の特徴,留意点などを整理した.次に,直近12年間における文献調査から最近の技術動向を検証すると共に,先進ボーリングの有効性を検証ための課題に関して考察する.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.