シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 厚真町日高幌内川地すべり移動体内部の地質状況とすべり面の特徴

作成年度 2019年度
論文名 厚真町日高幌内川地すべり移動体内部の地質状況とすべり面の特徴
論文名(和訳)
論文副題
発表会 日本応用地質学会・令和元年度研究発表会
誌名(No./号数) 令和元年度研究発表会講演論文集
発表年月日 2019/10/24 ~ 2019/10/25
所属研究室/機関名 著者名(英名)
戸田 英明Hideaki(Toda)
富岡 敬Kei(Tomioka)
西塚 大Dai(Nishizuka)
清水 龍来Ryuku(Shimizu)
安元 和己Kazumi(Yasumoto)
倉橋 稔幸Toshiyuki(Kurahashi)
高貝 暢浩Nobuhiro(Takagai)
木崎 健治Kenji(Kizaki)
抄録
平成30年度北海道胆振東部地震に伴って発生した日高幌内川地すべりは推定水平移動距離約350mの大規模岩盤すべりである。本報告では移動体でボーリング調査を実施し、すべり層の詳細な観察を行った。その結果、移動体の深さ75mにすべり層を確認した。すべり層の厚さは10cm以下で、凝灰質砂岩の破砕部からなり、変形やすべり層全体の流動による構造は認められなかった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.