シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 活動機会の大きさに着目した公共交通サービスの整備水準設定法

作成年度 2019年度
論文名 活動機会の大きさに着目した公共交通サービスの整備水準設定法
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 土木学会論文集D3・特集号
発表年月日 2019/08/26
所属研究室/機関名 著者名(英名)
国立大学法人 神戸大学澤井 勇人(SAWAI Hayato)
寒地交通チーム四辻 裕文(YOTSUTSUJI Hirofumi)
国立大学法人 神戸大学喜多 秀行(KITA Hideyuki)
抄録
車を利用できない住民に対して活動機会を保障するためには公共交通サービスが不可欠である.限られた予算の下で効率的に公共交通サービスを提供するためには,住民の外出パターンの的確な把握と,それを踏まえてどこにどの程度のサービスを供給すべきかの指針が必要になる.本研究では,交通政策担当者が容易に入手できるデータから効用最大化行動仮説に基づいて住民の外出パターンを推計する「外出パターン推計モデル」,および,外出パターン分布から最低限の活動機会を保障するためのバス運行便数を求める「運行ダイヤ設定モデル」を構築し,実証分析を通じてその有用性を確認した.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.