シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 耐凍害性向上を目的とした中空微小球を用いたダムコンクリートの施工

作成年度 2020年度
論文名 耐凍害性向上を目的とした中空微小球を用いたダムコンクリートの施工
論文名(和訳)
論文副題
発表会 コンクリート工学年次大会2020
誌名(No./号数) コンクリート工学年次論文集
発表年月日 2020/07/08 ~ 2020/07/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
鹿島技術研究所橋本 学(HASHIMOTO Manabu)
鹿島技術研究所林 大介(HAYASHI Daisuke)
岩手大学羽原 俊祐(HANEHARA Shunsuke)
耐寒材料チーム遠藤 裕丈(ENDOH Hirotake)
抄録
コンクリートダムの耐凍害性の向上を目的として、中空微小球を用いたコンクリートをダムコンクリートへ初適用した。ダムコンクリートにおいても中空微小球を混和することで耐凍害性が確実に向上すること、スランプ3cm程度の硬練りの場合でも適切に練混ぜが可能であること、バイバックによる振動締固めによっても中空微小球が分離することなく均等に分散していることが確認された。中空微小球を用いることで、微細気泡をコンクリート中に確実に混和した耐凍害性の高いコンクリートダムを構築することができた。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.