シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 グラウンドアンカー工および地山補強土工に作用する凍上力のフィールド実験

作成年度 2019年度
論文名 グラウンドアンカー工および地山補強土工に作用する凍上力のフィールド実験
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第74回土木学会年次学術講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
日特建設株式会社池田 淳(IKEDA JUN)
日特建設株式会社飯塚 孝之(IIZUKA TAKAYUKI)
日本基礎技術株式会社中村 剛(NAKAMURA TSUYOSHI)
日本基礎技術株式会社三浦史也(MIURA FUMIYA)
寒地土木研究所佐藤厚子(SATO ATSUKO)
寒地土木研究所畠山 乃(HATAKEYAMA OSAMU)
抄録
グラウンドアンカー工および切土補強土工が、背面地盤の凍上が原因と思われる変状・損傷や受圧構造物の破損などにより機能が低下することが問題視され、維持管理上の課題となっている。そこで、凍上する条件を加味して造成した模擬地盤に実際のグラウンドアンカー工および切土補強土工を施工し越冬させ、荷重や変位および温度データを採取することで、凍上に起因する損傷のメカニズムを把握し、凍上対策技術を検討することを目的としたフィールド実験を行った。凍上性の地盤において、GA およびRB を試験施工した。地盤の凍上により荷重の増減が確認され、アンカー等に作用することが確認された。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.