シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 固化材により改良した材料の路床への有効利用

作成年度 2019年度
論文名 固化材により改良した材料の路床への有効利用
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 第1回交通地盤工学に関する国内シンポジウム
発表年月日 2019/09/26 ~ 2019/09/27
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地地盤チーム佐藤 厚子(SATO Atsuko)
寒地地盤チーム畠山 乃(HATAKEYAMA Osamu)
寒地機械技術チーム久慈 直之(KUJI Naoyuki)
抄録
工事で発生する土材料が不良土である場合の対策のひとつとして、固化材により改良する方法がある。固化材により改良した材料(固化土)を路床材料として有効利用するために、固化土の強度と凍上性の関係を求めとりまとめた。その結果、次のことがわかった。①固化材混合量を大きくすると一軸圧縮強さやCBR は大きくなる。また、CBR と一軸圧縮強さとは相関性の高い比例関係が認められるが、この関係は原土ごとに異なる。②原土が凍上する材料であれば、凍結融解によりCBR は低下する。外部からの水分供給がない状態では、凍上速度は小さくなるが、改良後のCBR が100%以上、一軸圧縮強さ600kN/m2 でも原土の土質によっては凍上する場合がある。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.