シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 凍上被害箇所における路床⼟の地盤⼯学的性質

作成年度 2019年度
論文名 凍上被害箇所における路床⼟の地盤⼯学的性質
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会論文集E1(舗装工学)
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/12/13 ~ 2019/12/14
所属研究室/機関名 著者名(英名)
北海道科学大学川端伸一郎(KAWABATA Shinichiro)
北海道科学大学亀山修一(KAMEYAMA Shuichi)
寒地地盤チーム佐藤厚子(SATOU ATSUKO)
抄録
凍上被害を受けた北海道内の国道より路床土(48 試料)をサンプリングし,凍上性および地盤工学的な特性を調査した.凍上被害箇所の路床土は80%以上が粗粒土であり,締固めに適した良質なものが多く存在した.しかし,細粒分含有率の変動を調べると,数100m の範囲で大きく変化する例も確認されたことから,不同凍上による路面の段差や波打ちにつながる恐れも懸念された.凍上被害を受けた箇所の路床土には,非凍上性のものは含まれず,大部分が強凍上性に判定され,さらに極めて強い凍上性を示す試料も多くみられた.簡易的な 指標によって凍上性の判定を試みた結果,凍上性の強弱を表す強熱減量(質的な凍上リスク)と凍上性への影響度を表す細粒分含有率(量的な凍上リスク)を組み合わせて用いることが有効であった.
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.