シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 白鳥大橋における舗装補修工事の試験的取組み

作成年度 2020年度
論文名 白鳥大橋における舗装補修工事の試験的取組み
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 月刊「舗装」
発表年月日 2020/04/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地道路保全チーム池田 浩康(Ikeda Hiroyasu)
寒地道路保全チーム丸山記美雄(Maruyama Kimio)
北海道開発局伊勢 貴浩(Ise Takahiro )
抄録
 鋼床版橋梁である白鳥大橋の舗装は変形追随性、低温時疲労抵抗性を有する耐久性に優れた舗装を採用しているが、近年、舗装表面に損傷が広範囲で確認された。本橋梁は海上に架設されている長大吊橋であり、橋梁各部材の交換は非常に困難である。そのため予防保全を中心とした戦略的維持管理計画が必要とされている。  本稿では、予防保全を考慮した舗装の事前調査から施工方法の検討及び施工について報告する。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.