シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 火山灰質土の液状化判定に資する簡易な液状化調査法に関する検討

作成年度 2019年度
論文名 火山灰質土の液状化判定に資する簡易な液状化調査法に関する検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第74回土木学会年次学術講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/09/03 ~ 2019/09/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地地盤チーム橋本 聖(HASHIMOTO Hijiri)
寒地地盤チーム林 宏親(HAYASHI Hirochika)
寒地地盤チーム畠山 乃(HATAKEYAMA Osamu)
寒地地盤チーム青木 卓也(AOKI Takuya)
抄録
2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震により,札幌市清田区里塚地区で造成された宅地盛土が液状化に伴い大規模に流動した.寒地土木研究所では地震直後より自主調査を実施した結果,被災範囲は南北方向に約50~100m,東西方向約400mに及び,被災箇所西側では道路の陥没や家屋の変状が発生した,同東側では大量の土砂(火山灰質土)が堆積した.  本報告は,経済的に地下水位以下にある盛土の液状化の有無を簡易に判定する調査法の妥当性について,非塑性の火山灰質土で宅地造成された盛土を対象に,従来の液状化調査手法と比較および検証した結果である.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.