シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 ひび割れの早期補修による塩分浸透抑制効果と耐凍害性への影響に関する基礎的実験

作成年度 2020年度
論文名 ひび割れの早期補修による塩分浸透抑制効果と耐凍害性への影響に関する基礎的実験
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第20回コンクリート構造物の補修、補強、アップグレードシンポジウム
誌名(No./号数) コンクリート構造物の補修、補強、アップグレード論文報告集 第20巻
発表年月日 2020/10/15 ~ 2020/10/16
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム内藤 勲(NAITO Isao)
耐寒材料チーム安中 新太郎(YASUNAKA Shintaro)
北海道大学工学部磯 萌々子(ISO Momoko)
北海道大学大学院工学研究院横田 弘(YOKOTA Hiroshi)
抄録
コンクリートに発生したひび割れはコンクリート構造物の劣化を促進させる.本研究は,ひび割れ発生の早期に,簡易な補修によってコンクリート構造物の耐凍害性等の耐久性を向上させることを目的とした.モルタル供試体に軽微な初期ひび割れを導入し,種々の塗布系補修材で補修してひび割れの早期補修による劣化因子の浸入抑制効果と耐凍害性向上効果の評価を行った.その結果,浸透型樹脂系補修材の補修効果は大きいことがわかり,早期の簡易なひび割れ補修によってコンクリート構造物の耐久性を向上できることが示唆された.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.