シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 カーブ区間における線形誘導標示板がドライバーの視線挙動に与える影響

作成年度 2019年度
論文名 カーブ区間における線形誘導標示板がドライバーの視線挙動に与える影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 交通工学論文集
発表年月日 2020/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
北海道科学大学石田 眞二(ISHIDA shinji)
地域景観チーム松田 泰明(MATSUDA Yasuaki)
抄録
線形誘導標示板であるシェブロンマーカーは、設置基準が明確に定められていないため、設置の過多や設置位置の不統一などにより、設置効果の低下が懸念されている。 本研究の目的は、シェブロンマーカーが、ドライバーの注視行動に与える影響を昼間と夜間に分けて調査を実施し、シェブロンマーカーなどの設置基準やマニュアルを作成するための基礎資料を収集することである。アイマークレコーダーを用いた供用道路における調査を実施した結果からシェブロンマーカーの高い誘目性が明らかとなり、カーブ手前の直線(ストレート)区間の走行中に視認している傾向が強いことがわかった。 また、設置数が増加することにより、ドライバーの注視点が分散される傾向が認められた。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.