シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 廃道トンネルを利用したトンネル覆工の漏水量変化と降水量の調査事例

作成年度 2020年度
論文名 廃道トンネルを利用したトンネル覆工の漏水量変化と降水量の調査事例
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会令和2年度全国大会第75回年次学術講演会
誌名(No./号数) 土木学会令和2年度全国大会第75回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2020/09/09 ~ 2020/09/11
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災地質チーム岡﨑 健治(OKAZAKI Kenji)
防災地質チーム大日向 昭彦(OBINATA Akihiko)
防災地質チーム倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
抄録
トンネルの漏水は,トンネル周辺の地盤中の地下水量に応じて変化することもあるため,その発生箇所や漏水量はトンネルの点検後に異なる場合があり的確に把握できないことがある.本稿では,地下水量が異なると想定した複数の時期にトンネル覆工表面を撮影して漏水面積を求め,撮影前の一定の日数に応じた積算雨量,実効雨量との相関係数を比べることで,降雨後の漏水の点検に適した観察時期の目安をモデルトンネルの事例において考察したので,その結果について述べる.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.