シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 北海道の道路斜面における融雪崩壊のタイプ分類と気温及び積雪量との関係

作成年度 2020年度
論文名 北海道の道路斜面における融雪崩壊のタイプ分類と気温及び積雪量との関係
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会令和2年度全国大会第75回年次学術講演会
誌名(No./号数) 土木学会令和2年度全国大会第75回年次学術講演会講演概要集
発表年月日 2020/09/09 ~ 2020/09/11
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災地質チーム日外 勝仁(AGUI Katsuhiko)
防災地質チーム吉野 恒平(YOSHINO Kohei)
防災地質チーム倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
抄録
北海道などの積雪寒冷地では,融雪期に切土のり面や自然斜面で表層崩壊が多発する傾向がある.筆者らは,北海道の国道斜面における崩壊事例データの分析により,崩壊は遷急線地形や集水型斜面において発生頻度が高いこと,また,融雪水による地盤の長期湿潤による強度低下やアイスレンズ形成によるすべり面の形成などの積雪寒冷地特有の要因が,融雪や降雨等の水供給状況と合わさった崩壊メカニズムが考えられることなどを示してきた.本稿では,事例分析に基づき,これらの崩壊メカニズムが作用し易い地形地質条件や気温や積雪量等の気象状況を考慮した融雪崩壊のタイプを6つに分類し,点検時の参考となる個票としてとりまとめた.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.