シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 WEPPを用いた土壌侵食対策の効果予測

作成年度 2020年度
論文名 WEPPを用いた土壌侵食対策の効果予測
論文名(和訳)
論文副題
発表会 2020年度農業農村工学会大会講演会
誌名(No./号数) 2020年度農業農村工学会大会講演会要旨集
発表年月日 2020/08/25 ~ 2020/08/27
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水利基盤チーム鵜木 啓二(UNOKI Keiji)
水利基盤チーム田中 健二(TANAKA Kenji)
寒地農業基盤研究グループ長川口 清美(KAWAGUCHI Kiyomi)
道総研巽 和也(TATSUMI Kazuya)
抄録
農地の土壌侵食は,肥沃な土壌の流出による生産性低下などの問題を引き起こすため,効果的な対策を講じる必要がある.本研究では、土壌侵食・土砂流出モデルWEPPにより,上記土壌侵食対策の融雪期における効果について再現計算を行うとともに,様々な地形条件における効果の予測計算を実施した.再現計算は良好な結果が得られ、様々な地形条件における任意の削減目標に合った融雪期の侵食対策を検討することが可能となった。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.