シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 救急医療支援に資する道路空間・付帯施設の活用効果

作成年度 2020年度
論文名 救急医療支援に資する道路空間・付帯施設の活用効果
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第805号
発表年月日 2020/05/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地交通チーム宗廣 一徳(MUNEHIRO Kazunori)
寒地交通チーム中村 直久(NAKAMURA Naohisa)
寒地交通チーム佐藤 昌哉(SATO Masaya)
抄録
救急医療用ヘリコプターの緊急離着陸場の利用実態について、過去6年間(2010~2015)の実績を調査したところ、道路付帯施設である除雪ステーションや道の駅、サービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)の利用回数が増加傾向を示した。また、患者の症病別に、救急出動時の医師現場到着時間と、患者の退院後のQOL(生活の質)についてデータを分析した。同結果、脳内出血やクモ膜下出血の症例において、医師現場到着時間の短縮は、入院時の救命率および退院後の中等度後遺症回避率の向上、すなわち患者のQOLの改善に貢献することが示された。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.