シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 空撮写真を用いた簡易的な面的海藻被度の把握

作成年度 2020年度
論文名 空撮写真を用いた簡易的な面的海藻被度の把握
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 土木学会論文集B3(海洋開発)
発表年月日 2020/07/30
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水産土木チーム丸山修治(MARUYAMA Shugi)
水産土木チーム梶原 瑠美子(KAJIHARA Rumiko)
水産土木チーム石井 馨(ISHII Kaoru)
抄録
近年の海藻草類の衰退,藻場構成種の変化,分布域の北上などに伴い,藻場の経過観察の重要性が高まりつつある.藻場の経過観察を特に地元関係者が経年的に長期間行っていく場合の費用や技術力などの課題に配慮するため,北海道北東部に位置する元稲府漁港(雄武町)のリシリコンブが着生している二重堤間を対象として,潜水調査地点の被度と空撮写真のR,G,B 値との関係から,海藻被度を面的に把握する簡易な方法について検討した.本報告では,空撮写真を画像解析する際,R,G,B 値に差が出るように海藻被度を3 つの階級に区分した教師とすることで,問題のない精度で教師付き分類画像が作成でき,二重堤間全域の海藻被度を面的に把握した.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.