シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 BIM/CIMの3次元モデルを用いた計画・設計の有効性に関する一考察-景観予測の評価実験結果をふまえて- (P206~211)

作成年度 2019年度
論文名 BIM/CIMの3次元モデルを用いた計画・設計の有効性に関する一考察-景観予測の評価実験結果をふまえて- (P206~211)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
地域景観チーム田宮 敬士(TAMIYA Keiji)
地域景観チーム笠間  聡(KASAMA Satoshi)
地域景観チーム松田 泰明(MATSUDA Yasuaki)
抄録
公共事業において、事業完成後の姿や周囲との調和などを事前に知っておくこと(予測)は良いものをつくる上で必要である。この予測を効果的・効率的に行うために、導入が進むBIM/CIMの3次元モデルの適用が期待されているが、予測に必要な精度などは明確にされていない。そこで本研究では3次元モデルの景観予測への適用性に関する評価実験を行い、簡易的な3次元モデルでも周囲との調和などを予測できることを把握した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.