シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 函館港若松地区泊地浚渫工事におけるカルシア改質土の施工について (P272~277)

作成年度 2019年度
論文名 函館港若松地区泊地浚渫工事におけるカルシア改質土の施工について (P272~277)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
函館開発建設部 函館港湾事務所佐々木 実歩((no entry))
函館開発建設部 函館港湾事務所櫻井 博孝((no entry))
東洋建設株式会社山﨑 啓介((no entry))
抄録
現在、函館港ではクルーズ船を受け入れるため、若松地区において泊地浚渫工事を行っている。そこで課題となるのが浚渫土の処分方法であるが、函館港ではカルシア改質材を用いて、西防波堤の老朽化に対する背後盛石の補強と港内の窪地埋戻しに活用した。 本論では、函館港若松地区で実施中の泊地浚渫工事におけるカルシア改質土の施工に関する課題と対応について報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.