シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 酸性硫酸塩土壌の簡易判定法において酸化処理に必要な静置時間 (P307~310)

作成年度 2019年度
論文名 酸性硫酸塩土壌の簡易判定法において酸化処理に必要な静置時間 (P307~310)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム山本 弘樹((no entry))
寒地農業基盤研究グループ横濱 充宏(YOKOHAMA Mitsuhiro)
資源保全チーム田中  稔(TANAKA Minoru)
抄録
工事現場で簡易にできる酸性硫酸塩土壌(以下、ASS)の判定法を開発中である。ASSの判定にはASSに含まれる易酸化性硫黄の酸化処理が必要で、酸化によりpHが低下することで判定できる。この判定法では、酸化させる反応剤として、現行法で使用される劇薬の過酸化水素水よりも安全なオキシドールを使用する。本報告では、オキシドールの必要量と室温(20℃)において判定に必要な静置時間について述べる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.