シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 ラウンドアバウト導入前後における被験者評価実験について (P350~355)

作成年度 2019年度
論文名 ラウンドアバウト導入前後における被験者評価実験について (P350~355)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地交通チーム中村 直久(NAKAMURA Naohisa)
寒地交通チーム宗広 一徳(MUNEHIRO Kazunori)
寒地交通チーム佐藤 昌哉(SATO Masaya)
抄録
2019年10月11日、安全向上を目的として檜山郡上ノ国町大留交差点に北海道初のラウンドアバウトが供用を開始した。導入効果について検証が望まれるが、筆者らは調査方法の一つとしてラウンドアバウト導入前と後に被験者に現地を走行してもらい、運転時の挙動および主観(安全性や走りやすさ等の意識)の差異を確認することとした。本論文ではその比較結果を報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.