シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 吹き止め式防雪柵開口部における風速や視程の変動状況について (P392~395)

作成年度 2019年度
論文名 吹き止め式防雪柵開口部における風速や視程の変動状況について (P392~395)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
雪氷チーム金子  学(KANEKO Manabu)
雪氷チーム櫻井 俊光(SAKURAI Toshimitsu)
雪氷チーム高橋 丞二(TAKAHASHI Jouji)
抄録
北海道内の冬期道路は、吹雪に伴う視程障害等のため非常に厳しい運転環境にあり、対策施設の整備が行われてきている。対策施設の内、吹き止め式防雪柵では、開口部において突発的な強風や視程障害が発生する場合がある。この状況について現道における移動気象観測と、石狩吹雪実験場における定点気象観測により調査した。その結果、風速や視程変動が、開口幅や防雪柵への風の入射角により変化することが判った。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.