シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 遠赤外線カメラを活用した流量観測システムの有効性 (P430~435)

作成年度 2019年度
論文名 遠赤外線カメラを活用した流量観測システムの有効性 (P430~435)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
札幌開発建設部 河川計画課菊地 亮介((no entry))
札幌開発建設部 河川計画課太田 陽子((no entry))
株式会社福田水文センター橋場 雅弘((no entry))
抄録
豪雨の頻発化、激甚化により洪水時の流量観測が困難な事例が増えている。幾春別川藤松水位流量観測所では、安全で確実な流量観測の実施に向けて遠赤外線カメラを活用した観測システムを試験的に導入している。本件は令和元年8月31日に岩見沢で1時間に100㎜の降雨を観測し、幾春別川で2m以上の急激な水位上昇が発生した時の観測事例から本観測システムの有効性を検証したものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.