シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 北海道胆振東部地震後の厚真川からの浮遊土砂流出 (P436~441)

作成年度 2019年度
論文名 北海道胆振東部地震後の厚真川からの浮遊土砂流出 (P436~441)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム水垣  滋(MIZUGAKI Shigeru)
水環境保全チーム村上 泰啓 (MURAKAMI Yasuhiro)
研究連携推進監藤浪 武史(FUJINAMI Takeshi)
抄録
平成30年9月6日の北海道胆振東部地震で厚真町を中心に発生した6000箇所を超える斜面崩壊は、流域から海域への土砂流出に大きな影響を及ぼす可能性がある。そこで浮遊土砂流出実態を把握するため、令和元年3月より厚真川下流で濁度計観測を開始した。7月までの濁度は融雪・降雨出水や潮位に伴う水位変動に応答して1000度(カオリン)未満で変動したが、8月以降に1,000度以上の高濃度の濁度が観測され始めた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.