シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 双葉ダム耐震性能照査-アスファルト表面遮水壁型ロックフィルダムの一事例- (P559~564)

作成年度 2019年度
論文名 双葉ダム耐震性能照査-アスファルト表面遮水壁型ロックフィルダムの一事例- (P559~564)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
小樽開発建設部 農業開発課荒川  潤((no entry))
土地改良情報対策官長谷川 和彦((no entry))
抄録
2012年3月に閣議決定された土地改良長期計画において、東日本大震災の教訓を踏まえ、土地改良施設の耐震強化を推進する方針が打ち出され、全ての国営造成農業用ダムを対象に、設計・施工内容の確認、健全性の確認、レベル2地震動に対する耐震性能照査を行って、総合的な安全性評価を実施することとなった。本報では、直轄かんがい排水事業双葉地区で造成された双葉ダムの耐震性能照査結果について報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.