シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 インフラ維持管理修繕システムの導入について-インフラ維持管理の課題とシステム導入による省力化- (P661~664)

作成年度 2019年度
論文名 インフラ維持管理修繕システムの導入について-インフラ維持管理の課題とシステム導入による省力化- (P661~664)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
小樽開発建設部 工務課松田 伸吾((no entry))
小樽開発建設部 道路計画課山﨑 正文((no entry))
パシフィックコンサルタンツ株式会社鈴木  剛((no entry))
抄録
小樽開発建設部管内には今後一斉に老朽化を迎える橋梁や塩害により損傷を受けている橋梁が多く、また、業務引継ぎ時のデータ量も増大しており、適切な維持管理計画を実現するためには、様々な資料(点検・診断結果、補修履歴、過年度の修繕計画等)を使用した検討が必要となっている。これらを受けて、ICTによる効率的な支援システムを活用した既設橋に対する効率的かつ効果的な維持管理手法の導入状況について報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.