シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 シラン系表面含浸材の試験施工を行った美幌橋地覆コンクリートでの追跡調査15年目の評価 (P688~693)

作成年度 2019年度
論文名 シラン系表面含浸材の試験施工を行った美幌橋地覆コンクリートでの追跡調査15年目の評価 (P688~693)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム遠藤 裕丈(ENDO Hirotake)
耐寒材料チーム安中 新太郎(YASUNAKA Shintaro)
網走開発建設部 網走道路事務所丹羽 敏和((no entry))
抄録
寒冷地でのシラン系表面含浸材によるコンクリートの凍・塩害抑制効果を調べるため、凍結防止剤が散布される美幌橋の地覆コンクリートで試験施工を行い、追跡調査を実施している。本論文は、追跡調査15年目の結果をまとめたものである。製品によって傾向は異なるが、本調査の範囲では、吸水抑制・遮塩効果は15年経過後も持続し、スケーリングの抑制は10~15年に1回の再塗布が望ましい結果を得た。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.