シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 大沼トンネル避難坑の施工状況報告について (P865~870)

作成年度 2019年度
論文名 大沼トンネル避難坑の施工状況報告について (P865~870)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
函館開発建設部 函館道路事務所鹿嶋 辰紀((no entry))
函館開発建設部 函館道路事務所古市 圭典((no entry))
大林・岩田地崎・森川特定建設工事共同企業体岡崎 雄一((no entry))
抄録
北海道縦貫自動車道七飯~大沼は、延長10.0kmの高速自動車国道であり、うち約7kmがトンネル区間となっている。この大沼トンネルは延長約7kmの長大トンネルのため、避難坑の設置が計画されている。避難坑は、本坑施工に向けた地質データの収集や水抜き効果を目的に本坑に先立ち施工を行っている。本論では、ボーリング調査等の地質調査を踏まえて、現在の避難坑の施工状況と今後の課題について報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.