シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 平成30年北海道胆振東部地震による厚真川水系日高幌内川における大規模河道閉塞対策について (P883~888)

作成年度 2019年度
論文名 平成30年北海道胆振東部地震による厚真川水系日高幌内川における大規模河道閉塞対策について (P883~888)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
室蘭開発建設部 厚真川水系砂防事業所門脇 光治((no entry))
室蘭開発建設部 厚真川水系砂防事業所山口 昌志((no entry))
室蘭開発建設部 厚真川水系砂防事業所佐々木 晋((no entry))
抄録
平成30年北海道胆振東部地震では最大震度7を記録し、北海道勇払郡厚真町の厚真川流域を含む広範囲で山腹崩壊が発生した。厚真川水系日高幌内川では大規模な河道閉塞が確認され、湛水位の上昇による越流水で河道閉塞土砂が侵食されて決壊することにより大規模な土砂災害が発生するおそれがあった。本報告では、緊急的に実施した河道閉塞土掘削や水路工、砂防堰堤等から構成される大規模河道閉塞対策について報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.