シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 背水の影響を考慮したアイスジャム発生状況に関する一考察

作成年度 2020年度
論文名 背水の影響を考慮したアイスジャム発生状況に関する一考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第808号
発表年月日 2020/08/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地河川チーム伊波 友生(INAMI Yu)
寒地河川チーム横山 洋(YOKOYAMA Hiroshi)
寒地河川チーム矢部 浩規(YABE Hiroki)
抄録
大規模なアイスジャムが生じると、河氷や河川水が流下できず、洪水へと至るケースも存在し、冬期における河 川管理の課題となっている。千歳川流域は勾配が緩く、支川である嶮淵川は千歳川の背水の影響を大きく受ける。 そのため、流れだけでなく河氷の挙動も千歳川本川の水位に大きく依存すると考えられるが、背水の影響を考慮し た検討はなされていない。そこで、背水の影響によってアイスジャムの範囲や継続時間がどのように変化するのか を数値計算により検討し、現地調査結果と比較した。 検討結果から、本川の水位が上昇することでアイスジャムが生じる範囲やアイスジャムが解消されるまでの継続 時間が増加することがわかった。また、背水の影響を受け水位が上昇することで、アイスジャム発生個所数が増加 しうることが示唆された。このことから、アイスジャムが生じる地点や規模を把握するには、背水の影響を考慮す る必要があると考えられる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.