シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 既往文献のレビューにもとづくラウンドアバウトの中央島のランドスケープのあり方

作成年度 2020年度
論文名 既往文献のレビューにもとづくラウンドアバウトの中央島のランドスケープのあり方
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第62回土木計画学研究発表会・秋大会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/11/13 ~ 2020/11/15
所属研究室/機関名 著者名(英名)
地域景観チーム榎本碧(ENOMOTO MIDORI)
地域景観チーム増澤諭香(MASUZAWA SATOKA)
地域景観チーム松田泰明(MATSUDA YASUAKI)
地域景観チーム岩田圭祐(IWATA KEISUKE)
研究調整監太田広(OOTA HIROSHI)
寒地交通チーム宗広一徳(MUNEHIRO KAZUNORI)
抄録
 ラウンドアバウトの緑化は,対面の見通しの制御や交差点への進入速度の低減など交通安全機能の確保の点から効果が期待される.加えて,運転者の視線が集中し一種のビスタ景となる中央島などの道路の景観機能や都市における生物多様性の保全等の環境保全機能も期待できる.しかし,現在,日本では中央島の具体の利用事例や設計等の基準や手法の確立は進んでおらず,運用されているラウンドアバウトにおいて交通安全機能や景観,環境などの多様な機能を考慮しランドスケープ設計が実施されている事例は少ないと考えられる.そこで本研究では,国内外のラウンドアバウトに関する既往文献のレビューを行い,ラウンドアバウトの中央島のランドスケープのあり方について考察した.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.