シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 上ノ国町ラウンドアバウトにおける運転挙動と意識変化について

作成年度 2020年度
論文名 上ノ国町ラウンドアバウトにおける運転挙動と意識変化について
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第811号
発表年月日 2020/11/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地交通チーム中村 直久(NAKAMURA Naohisa)
寒地交通チーム宗広 一徳(MUNEHIRO Kazunori)
寒地交通チーム倉田 和幸(KURATA Kazuyuki)
寒地交通チーム佐藤  昌哉(SATO Masaya)
国土交通省 北海道開発局 函館開発建設部 江差道路事務所 工務課 事業専門官金子 恵造(KANEKO Keizo)
抄録
円形の交差点であるラウンドアバウトは、交通事故被害軽減、速度抑制効果がある等、安全性向上の効果があることから世界中で普及しており、日本においても2014年9月の道路交通法の改正により「環状交差点」と定義付けされ、その導入が進められている。2019年には北海道檜山郡上ノ国町の大留交差点において、北海道初となるラウンドアバウトが設置された。道路交通の安全性向上を目的としたものであるが、導入の検証が望まれることから、著者らは大留交差点における効果を確認するべく、導入前後に現地で被験者による小型車と大型車の走行実験を行い、運転挙動調査およびアンケートによる主観評価調査を実施した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.