シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 観光資源としての道路景観の価値に関する考察

作成年度 2020年度
論文名 観光資源としての道路景観の価値に関する考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第62回土木計画学研究発表会・秋大会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/11/13 ~ 2020/11/15
所属研究室/機関名 著者名(英名)
地域景観チーム松田 泰明(MATSUDA Yasuaki)
地域景観チーム笠間  聡(KASAMA Satoshi)
地域景観チーム田宮 敬士(TAMIYA Keiji)
抄録
道路移動中に体験する地域固有の魅力的な沿道景観は,重要な観光資源となり,例えばノルウェーのNational Tourist Route などの取り組みも,魅力的な沿道景観をベースとしている.一方,国内でも日本風景街道などの取り組みが進められているが,実際の道路景観をみると地域が本来有している魅力ある景観が十分生かされているとはいえない.この原因の一つとして,観光資源としての道路景観が観光振興へどのように影響するのか明らかでないことや,またその価値が十分に認識されていないことが考えられる. そこで本報告では,観光資源としての道路景観の重要性や価値,効果について,優れた沿道景観を生かした欧米の観光街道の取り組み事例の調査から,これらがどのように評価をされているのか把握を試み,その課題等について考察した.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.