シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 滞在や利用を誘発する広場等の公共空間のあり方について-既往研究成果に基づく広場等の設計上の配慮事項と既存事例の分析から- (P47~52)

作成年度 2020年度
論文名 滞在や利用を誘発する広場等の公共空間のあり方について-既往研究成果に基づく広場等の設計上の配慮事項と既存事例の分析から- (P47~52)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第64回(2020年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2021/02/15 ~ 2021/02/19
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地土木研究所 地域景観チーム笠間  聡(KASAMA Satoshi)
(未記入)松田 泰明(MATSUDA Yasuaki)
(未記入)柳田 桃子(YANAGIDA Momoko)
抄録
観光地や市街地、駅前などでは、人々に積極的に利用され、一時の滞在や滞留にも利用されるような広場空間が期待されるが、既存の広場等には利用者がまばらであったり、通過するだけになっている広場も少なくない。魅力的で滞在や利用を誘発するような広場等の空間のあり方について、著者らの既往の研究成果である「広場等の設計上の配慮事項」に基づき、国内外の広場等の事例分析を通じて考察した結果を報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.