シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 タンチョウの営巣活動等に対する工事中の配慮について (P183~186)

作成年度 2020年度
論文名 タンチョウの営巣活動等に対する工事中の配慮について (P183~186)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第64回(2020年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2021/02/15 ~ 2021/02/19
所属研究室/機関名 著者名(英名)
帯広開発建設部 池田河川事務所安田 裕一((no entry))
(未記入)林中 流星((no entry))
(未記入)市川 嘉輝((no entry))
抄録
十勝川下流域は、タンチョウが広く生息する自然豊かな地域である。高水敷や水辺近くは採餌など生活の場として利用され、3月から7月は営巣や抱卵、育雛など特に配慮が必要な期間となっており、影響の少ない河川工事を実施する必要がある。本報告では、タンチョウの営巣調査結果を基に工事中の配慮方針を検討し、実際の営巣状況から実施した対策を評価するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.