シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 北村遊水地における堤防盛土材の改良工法について-固化破砕土による施工報告と今後の展望- (P309~314)

作成年度 2020年度
論文名 北村遊水地における堤防盛土材の改良工法について-固化破砕土による施工報告と今後の展望- (P309~314)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第64回(2020年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2021/02/15 ~ 2021/02/19
所属研究室/機関名 著者名(英名)
札幌開発建設部 岩見沢河川事務所田中 大地((no entry))
(未記入)仲条  元((no entry))
(未記入)岡田 幸七((no entry))
抄録
北村遊水地の囲ぎょう堤等の盛土材は、河道掘削土を用いる計画であるが、掘削土が高含水比粘土であり、未改良では盛土材には適していない。このため、昨年度までは材料の改良方法を調査検討し、掘削土にセメント系固化材を攪拌混合した固化破砕土が適用可能であることを確認してきた。今年度からは固化破砕土を現地にて施工したので、施工状況の報告とともに、固化破砕土について、今後の展望を考察する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.