シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 河岸侵食による橋梁被災リスク評価 (P330~334)

作成年度 2020年度
論文名 河岸侵食による橋梁被災リスク評価 (P330~334)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第64回(2020年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2021/02/15 ~ 2021/02/19
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地土木研究所 寒地河川チーム平松 裕基(HIRAMATSU Yuki)
(未記入)井上 卓也(INOUE Takuya)
(未記入)大串 弘哉(OOGUSHI Hiroya)
抄録
平成28年8月の台風によって多くの橋梁が被災した.この中には,河岸侵食が橋台にまで及ぶことにより被災した事例がある.このような被災リスクを評価する上では,河岸侵食幅がどの程度となるかを把握することが重要である.そこで,本研究では勾配・曲率・流域面積・地点毎の上流域の累加降雨量・地質を調べ,これらと河岸侵食幅との間で重回帰分析を行った.その結果,侵食幅を概ね再現できることがわかった.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.