シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 急崖岩盤斜面に適したUAVの撮影方法の検討について (P452~455)

作成年度 2020年度
論文名 急崖岩盤斜面に適したUAVの撮影方法の検討について (P452~455)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第64回(2020年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2021/02/15 ~ 2021/02/19
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地土木研究所 防災地質チーム坂本 尚弘(SAKAMOTO Naohiro)
(未記入)日外 勝仁(AGUI Katsuhiko)
(未記入)倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
抄録
UAVを用いて撮影した写真をSfM技術により3次元地形モデル化することは、急崖岩盤斜面の複雑な形状を正確に捉えることができ有意義である。しかし、撮影方法次第ではオーバーハング地形や落石防止金網施工箇所は誤って認識されてしまい、正確にモデル化されない課題があった。そこで本報告では、地形再現性に影響を与える要素として撮影距離や撮影方向を調整するなど、様々な諸条件で比較し検証をした結果について述べる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.