シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 薬剤散布による積雪寒冷地のポットホール対策に関する一検討 (P586~590)

作成年度 2020年度
論文名 薬剤散布による積雪寒冷地のポットホール対策に関する一検討 (P586~590)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第64回(2020年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2021/02/15 ~ 2021/02/19
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地土木研究所 寒地道路保全チーム田中 俊輔(TANAKA Shunsuke)
(未記入)丸山 記美雄(MARUYAMA Kimio)
抄録
近年,積雪寒冷地のアスファルト舗装では,融雪期に発生するポットホールが課題となっており,要因の1つとして融雪水等の凍結融解作用が指摘されている.現存のポットホール対策に関する研究は,舗装の耐久性向上技術や補修方法の面で進められており,凍結融解作用による影響の低減に着目した対策はない.そこで,新たなポットホール対策のアプローチとして,薬剤散布により凍結融解作用の影響を低減する対策を検討した.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.