シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 雨竜第二ダムにおけるコンクリート健全性評価について-豪雪厳寒地において約80年経過したコンクリートの健全性- (P770~773)

作成年度 2020年度
論文名 雨竜第二ダムにおけるコンクリート健全性評価について-豪雪厳寒地において約80年経過したコンクリートの健全性- (P770~773)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第64回(2020年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2021/02/15 ~ 2021/02/19
所属研究室/機関名 著者名(英名)
札幌開発建設部 雨竜川ダム調査事業所渡辺 哲理((no entry))
(未記入)和泉 康平((no entry))
(未記入)石黒 忠雄((no entry))
抄録
平成29年7月に変更された雨竜川河川整備計画において、既存ダムを有効活用するダム再生事業が位置づけられた。既存ダムは、北海道電力株式会社が所管する「雨竜第一・第二ダム」を対象としており、完成後約80年経過している。本報告では、戦時中である昭和18年の完成から長年、豪雪厳寒地の厳しい環境条件化に置かれた「雨竜第二ダム」堤体コンクリートについて、健全性調査及び各種試験等の結果を報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.