シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 開水路補修・補強工法及びその診断手法の適用性評価について―開水路補修・補強工法のモニタリング調査結果― (P923~927)

作成年度 2020年度
論文名 開水路補修・補強工法及びその診断手法の適用性評価について―開水路補修・補強工法のモニタリング調査結果― (P923~927)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第64回(2020年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2021/02/15 ~ 2021/02/19
所属研究室/機関名 著者名(英名)
旭川開発建設部 土地改良情報対策官辻内  剛((no entry))
(未記入) 永野 匡彦((no entry))
抄録
既存施設の有効活用や長寿命化を図り、ライフサイクルコストを低減するため、老朽化した施設に対し適切な診断を行い、補修・補強工法を選択することは重要である。 旭川開発建設部では、開水路に対し積雪寒冷地での凍害を考慮した補修・補強工法を試験施工し、その適用性を検証・評価するモニタリング調査を行ってきた。本報では、開水路の補修・補強工法とその診断手法の適用性評価について報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.