シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 UAV撮影した岩盤斜面写真に対する背景差分法による変化箇所把握手法の開発

作成年度 2022年度
論文名 UAV撮影した岩盤斜面写真に対する背景差分法による変化箇所把握手法の開発
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第830号
発表年月日 2022/04/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災地質チーム日外 勝仁(AGUI Katsuhito)
防災地質チーム山崎 秀策(YAMAZAKI Shusaku)
防災地質チーム坂本 尚弘(SAKAMOTO Naohiro)
防災地質チーム倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
抄録
道路防災点検において、全ての箇所に対してクライミング等の踏査を実施すると膨大な費用と手間が必要になる。そのため、近年では、活用が容易となってきたUAVを用いた調査の事例が増えてきている。そこで、筆者らは、背景差分法を用いて、UAVで空中撮影した2時期の岩盤斜面写真を比較し差分をとることで、その期間に生じた岩盤斜面の変化を漏れなく抽出する方法を開発してきた。本報文では、斜面撮影に用いたUAVが比較する前後2回で同じ場合と異なる場合のそれぞれにおいて、斜面の変化を抽出するための背景差分法の適用方法が異なることを明らかにした。 前後2回で同じUAVで撮影可能な場合には、同じ位置から同じ方向で撮影する必要があり、特に位置合わせにおいてはRTK測位対応のUAVの使用が有効であることが確認された。また、前後2回で異なったUAVで撮影する場合には、地形に起因した歪みが生じないようにオルソ画像に正射投影変換した上で、背景差分を抽出することで、精度高く変化を抽出できることを明らかにした。その上で、使用するUAVの同一性や測位性能によって、また、手軽さと抽出精度のどちらを優先するのかによって、適した方法を選ぶことができるフロー図を提案した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.