シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 急流河川における侵食被災に関する大規模水理実験-護岸背後の高水敷洗掘から堤防侵食に至るメカニズムの検証- (P391~396)

作成年度 2021年度
論文名 急流河川における侵食被災に関する大規模水理実験-護岸背後の高水敷洗掘から堤防侵食に至るメカニズムの検証- (P391~396)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2022/02/14 ~ 2022/02/17
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地土木研究所 寒地河川チーム川村 里実(KAWAMURA Satomi)
(未記入)長谷川 武春((no entry))
(未記入)松原 寛((no entry))
抄録
河川の急流区間では、越流によらず堤外側からの侵食による堤防被災が頻発している。特に、河道湾曲部の外岸側では、低水護岸の整備箇所にも関わらず、護岸背後の高水敷が侵食され堤防侵食に至る事例が散見される。今後効率的に対策を実施するためには、堤防侵食に至るメカニズムの把握が重要となる。本研究では、護岸背後の高水敷洗掘から堤防侵食に至る過程を大型実験(千代田実験水路)で再現し、その被災メカニズムを検証した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.