シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 北海道胆振東部地震により発生した崩壊裸地斜面の土砂動態解析-UAVとSfMによる3次元地形モデルを用いた検討- (P419~424)

作成年度 2021年度
論文名 北海道胆振東部地震により発生した崩壊裸地斜面の土砂動態解析-UAVとSfMによる3次元地形モデルを用いた検討- (P419~424)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2022/02/14 ~ 2022/02/17
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地土木研究所 寒地河川チーム平田 智道(HIRATA Tomomichi)
(未記入)村上 泰啓(MURAKAMI Yasuhiro)
(未記入)水垣 滋(MIZUGAKI Shigeru)
抄録
厚真川流域周辺では2018年9月の胆振東部地震により7,000箇所以上の斜面崩壊が発生した.表層崩壊によって裸地化した斜面では侵食作用に伴う土砂流出の長期化が懸念されており,斜面の土砂生産実態のモニタリングが重要である.本研究では,東和川の崩壊裸地斜面でGNSS測量及びUAV-SfMにより地形モデルを作成し,被災直後のLP測量データとの標高差分解析により,被災後3年間の斜面侵食量の推定を試みた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.